Shibuya Argus 探偵 渋谷アーガス
調査メニュー
クレジットカードでのお支払い

自分で素行調査を行う際は注意する点が多数

素行調査を探偵に依頼するケースがありますが、自身で行うこともできます。

しかし自身で行う場合、注意しなくてはいけない点が多々あるので確認しましょう。

自身で行おうと思ったものの、途中で断念して探偵に依頼するという方もいます。

途中まで取り組んでみて、素人では難しいと判断したら無理をせず探偵に依頼しましょう。

素行調査を自分で行う際に考えておきたいこと


素行調査を行う際、ターゲットを尾行することがあります。

ターゲットが徒歩であれば徒歩で、自動車に乗っているのであれば自動車に乗って尾行をするなど、そのときの状況に合わせた尾行方法が求められます。

またずっと一定距離を保ち、ターゲットにバレないよう尾行しなくてはいけません。

ターゲットに気付かれるとトラブルになったり、尾行されないよう対策をとられたりしてしまいます。

尾行する際は一定の距離を保ち、ターゲットを見失わないようにすると同時に、気付かれないよう自然に行わなくてはいけません。

ターゲットが立ち止まっても、自身は立ち止まらずいったんターゲットを追い抜き、様子を見てターゲットを尾行できるよう後方に戻る必要があります。

この方法は簡単なように思えて意外と難しいです。

また尾行調査を連続して行うことで、いつも同じ人が後ろを歩いているなどと不審に思われることがあります。

探偵に依頼した場合、何人かでグループを組み、同じ人が連続して尾行しないようにするなど工夫しています。

その点自分で尾行調査を行う際はグループを組むことは難しいでしょう。

1回や2回など少ない回数であれば成功する可能性がありますが、連続しての尾行は自分では難しいことが考えられます。

尾行調査で注意したい点ですが、探偵は探偵業法によって調査のために尾行したり、張り込みをしたりすることが認められています。

しかし自分で尾行する場合、探偵業法で認められていないため、ストーカー行為と犯罪に問われる可能性があります。

ターゲットが顔見知りのことがほとんどでバレやすい


素行調査ですが自分で行う場合、ターゲットが顔見知りの場合がほとんどでしょう。

お見合いパーティーで出会った彼や彼女、娘や息子が結婚したいと連れてきた人というように、顔を合わせたことがある方を素行調査したいと考えることが多いです。

そのため素行調査を行う場合、顔を見られないよう調査を行う必要があります。

全くの第三者が近くにいても違和感を抱かないシーンでも、顔見知りであれば話は別です。

また素行調査をしている旨、ターゲットにバレてしまったときに取り返しのつかないことになるかもしれません。

自分で素行調査を行う場合、顔見知りだとバレやすいことと、バレると大変ということを念頭にいれる必要があります。

探偵に依頼する方が安く済むケースがある


素行調査を自分で行うきっかけとして、探偵に依頼すると依頼料がかかるからというケースがあります。

確かに探偵に依頼するとある程度費用がかかるかもしれません。

しかし自分で素行調査を行う方が、逆に費用がかかるケースもあります。

ターゲットを尾行するためにレンタカーを借りたり、時にはホテルに宿泊したりと調査のための費用がかかります。

証拠を押さえようとカメラを購入する場合もあるでしょう。

自身で行う場合は長期化しないように、またできるだけ費用がかからないようにすることが大切です。

いったん自分で素行調査をしようと試みたけれど、費用がかかりそうなので探偵に依頼するというのも良い方法です。

良いところで見切りをつけて、後はプロに任せようと探偵に依頼する勇気も必要でしょう。

探偵に依頼する場合の見積もりを取り、費用を見比べるのも良い方法です。


主な活躍地域



ページのTOPに戻る
アーガス東京探偵事務所アーガス探偵事務所アーガス千葉身元調査 | 探偵 | 探偵埼玉